重視するのは何?優先順位を決める

長く暮らせる住宅を建てるなら立地条件にこだわろう

土地を購入する理由は人によって異なりますが、長く暮らせる住宅を建てたい場合には、立地条件を最優先に考えて土地選びをすることがとても大切です。特に、住宅密集地においては、マンションや三階建ての一戸建てによって日差しが遮られてしまったり、近所の騒音が気になったりと様々なトラブルが想定されるため、慎重に信頼のおける不動産会社の担当者と話し合うことがおすすめです。また、図面や写真で土地の状態を確認するだけでなく、何度も現地へ足を運んで、希望に合うかどうかじっくりと判断をしましょう。なお、立地条件の良し悪しについては、不動産に詳しい人でなければ分からないこともあるため、時間の許す限り不動産会社にアドバイスを聞くと良いでしょう。

資金が限られているときは低予算で購入できる土地を探そう

一戸建てを建てるための資金が限られている場合には、都市部から離れたところや狭小地など、低予算で購入可能な土地を優先して探すのがおすすめです。地域に密着した不動産会社の中には、低価格の土地をメインに扱っているところもあるため、早いうちから予算を担当者に伝えて、希望条件になるべく合う土地をいくつか紹介してもらうと良いでしょう。また、土地の面積によっては、住宅を建てる場合に間取りが制限されたり、子育てや介護の際に動線に難が出たりすることもあるため注意しましょう。その他、希望のエリアの土地の価格変動について定期的に情報収集をしたり、土地の権利関係について法務局に出向いて必要な手続きを取ったりすることも重要です。